「医療用医薬品」とは?市販薬との違いや適正使用に努めましょう

薬袋

『医療用医薬品』という名前を見ると何を想像しますか?通院後に処方されるお薬や市販薬、コンビニエンスストアにて販売している錠剤など、考えるのではないでしょうか。

当メディアにおいても『医療用医薬品』という単語を盛り込んでいますが、実際に「医療用医薬品って何?」というご質問を受けることがありました。

そこで、今回は『医療用医薬品』についての概要とその他の比較を行い、セルフメディケーションについて知識を深めましょう。

医療用医薬品とは

子どもを診察する医師

まず、医療用医薬品とは何を指すのでしょうか?医療用医薬品とは『医師や歯科医師が、処方せんや指示で使用する医薬品』をいいます。

簡単に説明すると、お医者さんや歯医者さんの処方(または指示)後、薬剤師による調剤を受けたお薬です。市販薬とは異なり、薬が人に与える影響が大きいため、このような管理・指導体制となっております。

お薬の効果を十分に得るためには、症状や個人の体質に合わせた『お薬』や『飲み方』が重要です。そのため、薬局で受け取る薬は、薬剤師による服薬指導が必要です。

必ず、現在服用中のお薬を伝えるのみでなく、服用している『市販薬』や『健康食品・サプリメント』を伝えるようにしましょう。

市販薬について

医療用医薬品と異なる市販薬はどうでしょうか?市販薬は別名『一般用医薬品』と呼び、処方せんが不要な、薬局やドラッグストアにて購入できるお薬です。

市販薬は、医療用医薬品より人体への影響が比較的低く安全性を考慮しているため、セルフメディケーションとして自分でお薬を選ぶことができます。

医療用医薬品と一般用医薬品を使い分ける方法

医療用医薬品と市販薬(一般用医薬品)を使い分ける、決定的なポイントは『症状』にあります。

一般的なかぜの場合、症状が長引かず、こじらしていない状況の場合は、市販薬での対応で良いでしょう。一方で、症状が重い急性的な発熱や激しいせきなど持続する場合は、素早く受診することをおすすめします。

セルフメディケーションはこちらの記事で紹介しております。

自分の健康は日頃から管理しましょう

女性薬剤師

医療用医薬品の服用中は、薬剤師が患者さんの管理を行います。そのため、医師の特別な指示を受けない限り、医療用医薬品を自己判断で服用することは控えましょう。一方で市販薬の場合、自分で体調を管理することとなります。

これからは『自分の健康は自分で管理していく時代』です。軽い症状と判断できる場合は、セルフメディケーションの一環として、市販薬などを活用していきましょう。

症状の程度がわからない場合は、近くのドラッグストアなどで相談を受ける手段もあります。

参考文献

医療用医薬品 | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

一般用医薬品について – 一般社団法人 福島県薬剤師会

OTC医薬品とは? 上手なセルフメディケーション OTC医薬品協会

厚生労働省:医療用医薬品と一般用医薬品の比較について

監修者プロフィール

Ryo OmuraWebディレクター / 薬剤師
現場薬剤師とWEBディレクター / ライターの経験から、医療編集プロダクションMEDWを設立。医療分野のライティング・監修など幅広く対応し、「メディアから医療を支える」をコンセプトに活動中。
(http://medw.jp)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で