ロラタジンの成分について

2017 年から OTC 医薬品として販売されているロラタジンは花粉などが原因の鼻症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ)などに対して「1 日 1 回」で効くことが特徴です。

さらに,市販されている鼻炎治療薬で比較的生じやすい眠気、集中力低下や口の渇きなどの副作用が出にくい薬であることも知られています。

1 回の服用で 1 日中効果が持続するため毎日同じ時間帯に服用していれば朝でも夜でも服用でき、非常に使いやすい花粉症治療薬と言えます。

ロラタジン

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile

Ryo Omura

WEBプロデューサー / 薬剤師 / メディア責任者

医療編集プロダクションMEDW 代表
株式会社TENTIAL メディア責任者
理念
・誰にでもわかりやすい医療ヘルスケア情報を発信
・医療職の働き方にも自由度を。リモートワーク環境の構築
メディアから医療を変える「デジタルチーム医療」を中心に活動。
スマートなメディア制作を心がけております。

関連記事

  1. 「メンソレータムやわらか素肌クリームU」効果とは。ケラチナミンとの違いも紹介

  2. エクシブはなぜ水虫に効く?正しい選び方と塗るタイミングについて

  3. 女性ステロイド

    ステロイド外用薬の塗る順番。保湿剤や化粧品、日焼け止めとの順番は?

  4. ロート製薬のメンソレータムヒビプロαの効果とは?成分や特徴を紹介

  5. コンタクトのまま使える目薬はこれ!花粉症の目のかゆみを対策しよう

  6. カサカサ手足に使用できる「フェルゼアクリームM」の効果や使用感は?