カサカサ手足に使用できる「フェルゼアクリームM」の効果や使用感は?

フェルゼアクリームM

冬になると気になるのがお肌の乾燥です。水仕事あとの手荒れやお風呂あがりの手足のカサつきが気になる季節。今回は、カサカサ手足にうるおいとなめらかさを取り戻す「フェルゼアクリームM」の効果や使用感について解説します。

フェルゼアクリームMとは?

フェルゼアクリームMは「今日を愛するLION」のCMでおなじみの、ライオン株式会社から発売されている指定医薬部外品です。配合されている「尿素」が、角質層水分保持作用や角質軟化作用によって肌のうるおいとなめらかさを保つ働きが特徴です。

また「抗炎症成分」や「血行促進成分」が配合されているので、手指の「荒れ」に対してもケアができる商品です。剤形はクリームタイプのため、使用感は「しっとり」しています。

どんな症状に使える?

フェルゼアクリームMは手足のかさつき・荒れを緩和する働きがあります。

手足のかさつき・荒れの原因は?

冬場の手足のかさつき・荒れの原因はさまざまですが、大きな要因の1つに皮脂膜のバリア機能が関係しています。皮脂膜とはお肌の一番外側に存在し、外界からの刺激に対してお肌を守るバリアの働きをしています。この皮脂膜はお肌から分泌される皮脂と汗が混ざり合うことにより作られます。

しかし、冬は気温が低く湿度も低いことから肌自体が乾燥しやすく、汗をかきにくいのでバリア機能を果たす皮脂膜が作られにくいです。また水仕事で使用する洗剤は、汚れだけでなくお肌に必要な皮脂膜まで取り除いてしまうため、冬は皮脂膜のバリア機能がかなり弱った状態です。

これらの原因により、お肌は水分を保つことができなくなったり、外界からの刺激をうけやすくなるため手足は乾燥し、かさつきや荒れてしまうのです。

成分の特徴

尿素

フェルゼアクリームMには「尿素」が10%配合されています。主にお肌にうるおいとなめらかさを与える目的で配合されていますが、尿素には大きく2つの働きがあります。

角質層水分保持作用

簡単に表現すると「保湿」作用です。尿素には角質の水分をしっかりとつかまえて、お肌の乾燥を防ぐ働きがあります。そのため、お肌に尿素を塗ることで、お肌をみずみずしい状態に保つことができます。

角質軟化作用

尿素の働きで意外と知られていないもう1つの働きが角質軟化作用です。尿素にはお肌の余分な角質を取り除き、お肌をやわらかくなめらかにする働きがあります。

グリチルリチン酸二カリウム

フェルゼアクリームMにはグリチルリチン酸二カリウムが0.5%配合されています。抗炎症成分により、お肌の荒れの元になる「炎症反応」を抑えます

酢酸トコフェロール(ビタミンE)

フェルゼアクリームMには酢酸トコフェロール(ビタミンE)が0.5%配合されています。血行促進作用により、皮膚の生まれ変わりを助けます

商品の特徴

使用感

なめらかな肌触りで、しっとりとした使用感になります。肌なじみもよく、重さも感じにくいです。

香り

香りはありません。無香料、無着色の商品です。そのためシーンを選ばず、香りが苦手な方も使用できます。

使用期限

未開封の場合は外箱に記載の期限まで使用できます。開封後は数ヶ月をめどに使い切ってください。

薬剤師からのポイント

「乾燥」+「荒れ」を改善したい方に向いている

配合されている尿素が、お肌のうるおいとなめらかさを保つ働きがあります。また「荒れ」てしまったお肌を「抗炎症成分」「血行促進成分」が緩和する働きがあるので、「乾燥」だけでなく手足の「荒れ」に対してもケアしたい方に適した商品です。

さいごに

フェルゼアクリームMは尿素10%、抗炎症成分、血行促進成分配合で、乾燥などからくる「手足のかさつき・荒れ」を緩和できる商品です。そのため、冬場のお肌の乾燥やかさついた手足のお肌をなめらかにしたい方に適した商品です。ただし、尿素配合商品は人によって刺激感(ピリピリ感)を感じる場合もあるので、その時は使用中止して医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

医薬品「フェルゼアHAクリーム」はこちらで解説

フェルゼアクリームMに関するQ&A

Q.何歳から使用できますか?

A.生後1ヶ月から使用できます。※メーカー確認済み(2020/10)

ただし、乳幼児は皮膚が未発達の場合もあり、刺激を感じやすいので保護者の指導・監督の元で使用しましょう。

Q.使用できない部位はありますか?

A.以下の部位には使用できません。
 ・目の周囲、粘膜等
 ・傷口又は赤く腫れている患部
 ・ただれやヒビ割れのひどい患部

また、以下の人は使用前に医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

 ・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 ・薬や化粧品等による刺激症状又はアレルギー症状
(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等を起こしたことがある人)

Q.顔には使用できますか?

A.顔面には使用できません※メーカー確認済み(2020/10)

Q.妊娠中・授乳中でも使用できますか?

A.使用できます。※メーカー確認済み(2020/10)

ただし妊娠中は皮膚が過敏な時期の為、もし使用後に、皮膚の赤みやブツブツなど異常を感じた場合は使用を中止してください。

Q.1日何回塗ればいいの?

A.お肌の症状が気になる時に、1日数回、適量を手足のかさついた部分または荒れた部分にすりこんでください。

Q.ステロイドは入っていますか?

A.ステロイドは配合されていません。

Q.薬剤師がいないと買えない?

A.薬剤師がいなくても購入できます。

フェルゼアクリームMは指定医薬部外品です。薬剤師や登録販売者のいるドラッグストアはもちろん、資格者がいないスーパー、コンビニ、ディスカウントストアでも購入できます。

Q.ECサイトなどネットで購入することはできる?

A.インターネットなどの通販サイトでの購入が可能です。

参考資料
花王(冬に手荒れが起きやすいのはなぜ?) 
ニプロ(「尿素」って何?) 
フェルゼア クリームM/皮膚薬/ライオン株式会社 

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile

Yosuke Fukuoka

薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。

関連記事

  1. すり傷の正しい処置方法|消毒液は不要?ワセリンを使うべき?

  2. 子どもから成人まで使用できる「バファリンルナJ」とは。服用方法や年齢について解説

  3. ロキソニンSの成分と特徴とは。症状に合った「Sシリーズ」を選ぼう

  4. スマホやテレワークによる肩こりには「アリナミンEXプラス」がおすすめ

  5. 叫ぶ女性_instagram

    尿素配合クリームのおすすめを紹介。症状や目的、製品ごとに解説

  6. セルフメディケーションとは。上手に活用するために知識を増やそう