デリケート部分に使える「デリケアエムズ」の特徴と効果について解説

気温が上がり暑くなってきましたね。暑さによる汗でムレることで、皮膚がかゆくなることもあるのではないでしょうか。特に陰部などのデリケートエリアは、かゆくなると気になって仕事に集中できないこともあるかと思います。

今回は、かゆみを抑える成分を配合した、爽快感のある「デリケアエムズ」の効果や副作用、薬剤師からのポイントを紹介します。

「デリケアエムズ」の特徴

「デリケアエムズ」は、主にデリケートエリアにおけるかゆみるやかぶれを目的としたステロイド成分を配合していない市販薬です。かゆい部分・かぶれた部分に「デリケアエムズ」を塗ることで、症状を改善します。塗った際、スゥーっとするクール感のある成分を配合しています。

また、3つの効果により『かゆみ』の負のスパイラルを止めて改善する働きがあるのでおすすめです。

なぜデリケートゾーンはかゆくなる?

股下を抑える女性

なぜデリケートゾーンがかゆくなるのでしょうか。陰部周辺などのデリケートゾーンは、刺激に敏感な部分でもあるため、外部からの刺激に対して対して反応しやすくなります。それに加えて、気温が高くなる夏などの時期は、汗に反応したり、下着のスレや雑菌による繁殖でかゆみを引き起こしたりする環境です。

かゆみを抑える効果について

では、「デリケアエムズ」にどのような効果があるのでしょうか。デリケアエムズには、かゆみを抑える、炎症を沈める、雑菌を抑える3つの働きの特徴があります。

かゆみを我慢できなくなることで皮膚をかきむしり、そして刺激を受けたり傷ができたりします。それにより、炎症を引き起こし、再びかゆくなるという負のスパイラルに陥る恐れがあるでしょう。

そのため、デリケアエムズを使用して『汗をかくことでかゆくなる』『ムレるとかゆくなる』『下着が擦れるとかゆくなる』『皮膚の乾燥によりかゆくなる』など、これらの発生を抑える効果により、負のスパイラルから抜け出します。

「デリケアエムズ」に配合している有効成分

有効成分

デリケアエムズには、どのような有効成分を配合しているのでしょうか。かゆみを抑える成分を主にして、5種類の有効成分を配合しております。

ジフェンヒドラミン塩酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、かゆみくしゃみ鼻水などのアレルギーを引き起こすひきおこす物質『ヒスタミン』の働きをブロックすることで、諸症状を緩和する成分です。ジフェンヒドラミンなどの成分は、別名『抗ヒスタミン薬』と呼ばれ、その中でも第一世代に分類されます。

第一世代の抗ヒスタミン薬は、第二世代に比べ、効果を得られるまでの時間は速い一方、作用時間は短い特徴があります。そのため、ジフェンヒドラミン塩酸塩は、素早くかゆみを抑える役割を果たす成分になります。

グリチルレチン酸

グリチルレチン酸は、かぶれなど炎症を鎮める働きのある消炎作用があります。

甘草(かんぞう)と呼ばれる生薬を抽出した成分になります。一般的に、漢方薬や食品の甘味料としても使われています。

イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用により、雑菌の繁殖を抑える働きがあります。それに加えて、皮膚をかきむしることでの化膿を防ぐ働きもあります。

 l-メントール

l-メントールは、清涼感を与えてかゆみを抑えたり炎症を抑えたりする働きがあります。個人差はありますが、スゥーっとする感じによりかゆみを緩和します。

トコフェロール酢酸エステル

トコフェロール酢酸エステルは、ビタミンE誘導体の一つであり、血行を促進することで幹部の回復を早める働きがあります。

「デリケアエムズ」の製品に関する情報

効能効果

下記に対して効果があります。

『かゆみ』『かぶれ』『ただれ』

『しっしん』『皮膚炎』『じんましん』

『あせも』『虫さされ』『しもやけ』

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗ります。1日の目安として5〜6回塗って結構です。症状に合わせて適宜使用しましょう。

使用可能年齢は、生まれてから3ヶ月のお子さんから使用可能です。ただし、デリケートエリアに使用する際は、小学生からになります。女性も使用できます。

5〜6日ほど使用しても症状が改善しない場合は、使用を中止して医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

その他気になる方は、こちらの製品情報をご覧ください。

薬剤師からのポイント

女性薬剤師

かゆみは我慢せず早めに対処しましょう

かゆみを感じることで皮膚をひっかき、傷や炎症につながる恐れがあります。炎症を引き起こすことで、再びかゆみを引き起こす可能性があるため、かゆみを感じたらすぐに対処することをおすすめします。

陰部以外にも塗ることができる

陰部以外のデリケート部分やその他皮膚にも塗ることが可能です。首や顔に塗ることもできますが、目に入らないようにしましょう。

粘膜部分は塗らないようにしましょう

皮膚の粘膜部分に対して使用できる製品ではないため、塗らないようにしましょう。尿道口や肛門部分は避けてください。

まとめ

直射日光

これから暑くなるシーズンでは、皮膚トラブルを招くことも多々あるかと思います。そのようなときに使用できる『デリケアエムズ』は、皮膚のかゆみを早く抑えたい方におすすめです。男性のみでなく女性も使うことのできる製品ですので、自宅用もしくは携帯用として、いざというときに1本常備してはいかがでしょうか。

かゆみの炎症がひどいときはこちらもチェック

参考資料
デリケアM’s|添付文書 
股間のかゆみに│デリケアエムズブランドサイト│池田模範堂 
ジフェンヒドラミン塩酸塩|薬の成分ディクショナリー|エスエス製薬 
ジフェンヒドラミン:レスタミン|お薬110番 
-グリチルレチン酸とはどのような成分ですか? | よくあるご質問(製品Q&A) 
グリチルリチン酸|薬の成分ディクショナリー|エスエス製薬 
イソプロピルメチルフェノール 
l-メントール 

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile

Ryo Omura

WEBプロデューサー / 薬剤師 / メディア責任者

医療編集プロダクションMEDW 代表
株式会社TENTIAL メディア責任者
理念
・誰にでもわかりやすい医療ヘルスケア情報を発信
・医療職の働き方にも自由度を。リモートワーク環境の構築
メディアから医療を変える「デジタルチーム医療」を中心に活動。
スマートなメディア制作を心がけております。

関連記事

  1. カロナールの市販薬は?「アセトアミノフェン」配合商品を紹介 – その②

  2. フェルゼアHA20とフェルゼアクリームMの違いは?効果や成分、使用年齢などを紹介

  3. 「フェルゼアHA20クリーム」の効果とは?顔への使用や尿素の働き、注意点など解説

  4. 二の腕のブツブツや黒ずみに効果があるザラプロAの特徴とは

  5. ナロンエースシリーズを徹底比較。成分や特徴の違いについて|薬剤師

  6. ヒルマイルドとヘパソフトの違いとは|剤形や分類、濃度を知り乾燥肌を改善しよう