ケラチナミンコーワ乳状液20は「かゆみ」に効果あり? ケラチナミンとの違いは?

冬になると、多くの女性を悩ませるのが『お肌の乾燥』です。中には乾燥だけではなく、乾燥からくる『かゆみ』に悩まされている女性も多いのではないでしょうか?「水仕事終わりに、手指のかゆみが気になり出した」「一度かゆみが出ると止まらない」などかゆみがあると、良くないとわかっていても掻いてしまいますよね。

今回はそのような『乾燥』だけでなく『かゆみ』も改善できる『ケラチナミンコーワ乳状液20』について、成分の特徴やケラチナミンとの違いについて解説します。

ケラチナミンコーワ乳状液20とは

ケラチナミン乳状液20は興和株式會社から発売されている、尿素配合の乾燥性皮膚用薬です。配合されている『尿素』が、角質層水分保持作用や角質軟化作用によって肌のうるおいとなめらかさを保つ働きが特徴です。

また、かゆみ止めや抗炎症成分も配合されているので、乾燥からくるかゆみも改善できます。剤形は乳状液タイプの商品の為、使用感はサラッとしていてベタつきが少ないです。しっとりとした使用感がお好みの方は『ケラチナミンコーワ乾燥かゆみクリーム20』が同じ成分・分量でクリームタイプの商品になります。

どんな症状に使える?

ケラチナミンコーワ乳状液20はかゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症)に効果があります。乾燥性皮膚とは皮膚の表面の脂が減少することにより、皮膚の水分が減少して乾燥してしまう病気です。

また、かゆみを伴い、掻くと悪化して湿疹になったりします。空気が乾燥し始める秋から冬にかけて症状が見られ、真冬になると症状がひどくなるのが特徴です。

かゆみの原因について

かゆみの原因はお肌の『バリア機能の低下』が大きく関係しています。冬の気温の低下や強い乾燥によって、お肌のバリア機能が低下すると、外からの異物(ハウスダスト、ダニ、化学物質、大気汚染物質等)の侵入を防ぐことができなくなり、この刺激にお肌が反応してしまいかゆみ』が出てしまいます。

またお肌のバリア機能の低下は乾燥肌にもつながります。乾燥肌の状態はお肌内部のかゆみを感じとる『かゆみ神経』を敏感にしてしまいます。

そのため、服がこすれたり、石鹸をつかったりと通常はかゆみを感じないはずのわずかな刺激に対してもかゆみ神経が反応してしまいかゆみをよりを感じやすくなってしまうのです。

ケラチナミンとの違いは?

ケラチナミンコーワ乳状液20はケラチナミンの尿素20%処方にプラスでかゆみ止め成分や抗炎症成分が配合されています。つまり、ケラチナミンコーワ乳状液20はケラチナミンと比べ『かゆみ』をしっかり改善できる商品になります。

成分の特徴

尿素

ケラチナミンコーワ乳状液20には『尿素』が20%配合されています。尿素には主に2つの働きがあり、角質層水分保持作用と角質軟化作用があります。角質層水分保持作用は難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に表現すると保湿作用です。

角質軟化作用は簡単に表現するとお肌を柔らかくし、指通りのよいなめらかな肌にする働きです。つまり、尿素のこの2つの働きによって、お肌の乾燥やガサつきを改善することができます。

ジフェンヒドラミン塩酸塩

ケラチナミンコーワ乳状液20にはジフェンヒドラミン塩酸塩が1.0%配合されています。抗ヒスタミン作用により、かゆみの原因になるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを抑えます。

グリチルレチン酸

ケラチナミンコーワ乳状液20にはグリチルレチン酸が0.3%配合されています。抗炎症作用により、かゆみの元になる炎症反応を抑えます。

薬剤師からのポイント

女性薬剤師

乾燥やガサつきに加え、かゆみが気になる方に向いている商品

お肌のお悩みの症状が乾燥やガサつきだけであればケラチナミンでも十分対応ができます。しかし『かゆみ』をしっかり抑えたい方は、プラスでかゆみ止めや抗炎症成分が配合されたケラチナミンコーワ乳状液20が適しています。

ケラチナミンコーワ乳状液20に関するQ&A

Q.何歳から使用できますか?

A.15歳以上の方から使用できます 

Q.使用できない部位はありますか?

A.以下の部位には使用できません
 ・目のまわり、粘膜等
 ・引っかき傷等のきずぐち、亀裂(ひび割れ)部位
 ・かさぶたの様に皮膚がはがれているところ
 ・炎症部位(ただれ・赤くはれているところ)

また、以下の人は使用前に医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。
 ・医師の治療を受けている人
 ・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人

Q.顔には使用できますか?

A顔面には使用できません。※メーカー確認済み(2020/10)

Q.妊娠中・授乳中でも使用できますか?

A.使用できます。※メーカー確認済み(2020/10)

Q.1日何回塗ればいいの?

A.お肌の症状が気になる時に、1日数回、適量を患部に塗ってください。

Q.ステロイドは入っていますか?

A.ステロイドは配合されていません

Q.薬剤師がいないと買えない?

A.購入可能です。ケラチナミンコーワ乳状液20は第3類医薬品です。薬剤師が不在でも、登録販売者のいるドラッグストアなどで購入できます。

Q.ECサイトなどネットで購入することはできる?

A.インターネットなどの通販サイトでの購入が可能です。

さいごに

ケラチナミンコーワ乳状液20は尿素20%、かゆみ止め、抗炎症成分配合で、お肌の乾燥やガサつきだけでなく『かゆみ』を改善できる商品です。そのため、冬場のお肌の乾燥やガサついたお肌をなめらかにしたい方、しつこいかゆみを止めたい方に適しています。

ただし、尿素20%配合商品は人によって刺激感(ピリピリ感)を感じる場合もあるので、その時は使用を中止して、低濃度の尿素10%を試してみてください。

 

こちらの記事も読まれています

ケラチナミンコーワ20の特徴

フェルゼアHA20クリームの特徴

尿素配合クリームの比較

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile
薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。

関連記事

  1. フェルゼアHA20とフェルゼアクリームMの違いは?効果や成分、使用年齢などを紹介

  2. ロキソニンSに〇〇を配合したピンクの「ロキソニンSプラス」の効果とは?

  3. 顔に塗れる?ステロイド外用剤「フルコートf」の成分や注意点について

  4. 「セデス・ハイ」の特徴とは。どんな痛みに効果的?

  5. 「ユースキンリリップキュア」は口角炎やひびわれに効く市販薬クリーム!効果や成分の特徴とは?

  6. 『ガスター10』が胃の痛みに効果がある理由。医療用と同じ成分で対処