乾燥肌治療薬フェルゼアプレミアムとは。製品の特徴を解説

寒さや乾燥が気になる季節には、どうしてもお肌のカサカサなど肌トラブルが増加してしまします。化粧水や乳液でスキンケアしていても、気になるお肌のカサカサ。そんな時は、医薬品のフェルゼアプレミアムHPで治してみてはいかがでしょうか?この記事では、乾燥肌治療薬フェルゼアプレミアムHPについて、製品の特徴や選び方のポイントについて薬剤師が解説します。

薬剤師からのポイント

乾燥肌を治す2種の有効成分を配合

フェルゼアプレミアムHPシリーズには共通して2種の有効成分を配合しています。『ヘパリン類似物質』はお肌みずからのうるおう力を再生する働きがあり、『トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)』は血行を促進することで、薬用の化粧水や乳液などでスキンケアをしていても、カサついてしまう乾燥肌をみずみずしい健康なお肌へと導いてくれます。

顔や目元、口周りの乾燥を考えた商品

フェルゼアプレミアムHPクリームは、お肌を外部刺激から守るWOクリームを採用し、ベタつきにくく、しっとりとした使用感で顔などの広い範囲に塗りやすいです。

一方、フェルゼアプレミアムHPバームは動きの多い目元、口周りにもしっかり密着する濃厚バームを採用しているため、特に乾燥が気になる部分の乾燥からお肌を守ることができます。

顔以外の乾燥肌にも使用できる

フェルゼアプレミアムHPシリーズは、顔の乾燥はもちろん手指のあれ、手足のひび・あかぎれ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症などにも使用できます。

フェルゼアプレミアムHPとは

フェルゼアプレミアムHPシリーズは、ライオン株式会社が販売する医薬品の乾燥肌治療薬です。HPクリームとHPバームの2種類が販売されています。保湿効果のあるヘパリン類似物質をはじめ、乾燥肌の原因の1つである血行不良を改善するトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)を配合することで、うるおいのある健康な肌に導くことができます。

特に顔や目元、口元に使用しやすいよう使用感にもこだわり抜いた製品です。ではどのようにして乾燥肌を改善するのか、フェルゼアプレミアムHPシリーズに配合している成分について詳しくみていきましょう。

フェルゼアプレミアムHPの有効成分

フェルゼアプレミアムHPの有効成分は以下の通りです。

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質には、主に3つのはたらきがあります『保湿』『肌構造修復』『血行促進』の3つの働きがあります。

保湿

お肌のうるおいを抱え込む天然保湿因子をふやすはたらきによって、お肌をみずみずしく保ちます。

肌構造修復

乾燥しているお肌はうるおいを保つために必要なラメラ構造が乱れやすく、ヘパリン類似物質はラメラ構造の乱れを整え、お肌から水分が逃げるのを防ぎます。

血行促進

乾燥肌やお肌のガサつき・あれの原因の1つである血行不良を改善します。

アラントイン(HPクリームのみ配合)

お肌のあれを修復して、なめらかな肌に整えます

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)

若返りビタミンとも呼ばれ、血行促進作用や抗酸化作用があるといわれています。乾燥肌やお肌のガサつき・あれの原因の1つである血行不良を改善します。

HPクリームとHPバームの違い

ここではHPクリームとHPバームの違いについて解説していきます。

HPクリーム

フェルゼアプレミアムHPクリームは、3種類の有効成分(ヘパリン類似物質、トコフェロール酢酸エステル、アラントイン)を配合しています。顔などのお肌を外部刺激から守るWOクリームを採用し、ベタつきにくく、しっとりとした使用感です。

なめらかなクリームのため、顔全体など広い範囲の乾燥が気になる方に適した製品です。

HPバーム

フェルゼアプレミアムHPバームは、2種類の有効成分(ヘパリン類似物質、トコフェロール酢酸エステル)を配合しています。注意点として、HPクリームに配合されているお肌の修復成分のアラントインは配合されていません。しっかり密着する濃厚バームを採用しています。高密着のワセリン基剤が、特に気になる部分の乾燥からお肌を守ることができます。

顔の中でも特に動きの多い目元、口周りの乾燥が気になる方に適した製品です。

顔以外の乾燥肌にも使用できる 

フェルゼア プレミアムHPシリーズは主に顔や目元、口周りの乾燥を考えた医薬品タイプの乾燥肌治療薬です。しかしながら、顔だけでなく、手指のあれや手足のひび・あかぎれ、しじ・ひざ・かかとの角化症にも使用できます。角化症とは、皮膚が厚く硬くなり、ガサガサとした肌になることで、乾燥状態がひどくなるとひび割れを起こすこともあります。

また、きず・やけどあとの皮膚のしこりやつっぱりにも使用することができます。しかし、顔のきず・やけどあとには使用することがでないので注意しましょう。

今回ご紹介した効能以外にも使用できるシーンがありますので、詳しい情報については製品に付属している添付文書をお読みください。

フェルゼアプレミアムHPクリーム説明文書 

フェルゼアプレミアムHPバーム説明文書 

まとめ

フェルゼアプレミアムHPシリーズは、ヘパリン類似物質をはじめとした有効成分が、なめらかでうるおいのある健やかな肌に導いてくれる乾燥肌治療薬です。

HPクリームは、顔全体などお肌の広い範囲の乾燥が気になる方、HPバームは皮膚の動きが出やすい目元、口周りの乾燥が気になる方に向けて作られています。

薬用のスキンケア商品を試してもお肌のカサつきが気になる方は一度試してみてください。

 

こちらの記事も読まれています

フェルゼアHA20とフェルゼアクリームMの違い

プロペトの特徴

リップクリームの比較

参考資料

・フェルゼア公式サイト
https://ferzea.lion.co.jp 
・フェルゼアプレミアムHPクリーム説明文書
https://lion-corp.s3.amazonaws.com/uploads/grn/block_content_image/file/1191/FerzeaPremiumHPCream.pdf 
・フェルゼアプレミアムHPバーム説明文書
https://lion-corp.s3.amazonaws.com/uploads/grn/block_content_image/file/1194/FerzeaPremiumHPBalm.pdf 
・角化症の原因・症状を解説/ロート製薬
https://jp.rohto.com/learn-more/bodyguide/keratosis/symptom/ 

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile
コンテンツディレクター/薬剤師

病院薬剤師として6年勤務。主にがん領域を経験。
現在は調剤薬局にて経営者かつ薬剤師として地域の健康サポートに取り組んでいます。
また、webライターとしてOTCやセルフメディケーションについて正しい医療情報を発信し、悩みを解消できる記事作成に励んでいます。

一緒にセルフメディケーションについて知識を増やしていきましょう。

Author profile
薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。

関連記事

  1. 「イブA錠」の効果と特徴について。頭痛や生理痛以外も使えます

  2. バファリンルナJ

    子どもから成人まで使用できる『バファリンルナJ』とは。服用方法や年齢を解説

  3. ヒビプロLPはどの症状に使える?モアリップとの違いも解説

  4. あなたのバファリンはどれ?生理痛の重さにより選べる豊富なラインナップ

  5. 二の腕のブツブツや黒ずみに効果があるザラプロAの特徴とは

  6. 市販のバファリンが効くまでの時間はどれくらい?薬剤師が解説