マスク生活による肌荒れについて~その①肌トラブルの原因~

マスクかぶれ_instagram-3

マスク生活にもすっかり慣れた今日このごろ。当初はしっかりとスキンケアを行っていたものの、「マスクで隠れるから」と徐々に肌の手入れがおろそかになっている方も多いのではないでしょうか。

これだけ長い間マスクを着用し続けることは、みなさんにとって初めての経験であり、その影響で肌荒れやニキビなど肌トラブルに悩む方が増加しています。

今後も続くであろうマスク生活を快適に過ごすためにも、

①肌トラブルの原因

②対策

③おすすめの市販薬

④日常生活での注意点

の4パートにわけてご紹介します。

では、はじめに①肌トラブルの原因についてみていきましょう。

マスク着用による肌荒れやニキビの原因は?

美容・スキンケア・保湿・ビューティー(困る)

マスク着用による肌トラブルの原因には、ムレ乾燥摩擦素材による刺激があげられます。

呼吸によってムレる環境

マスクで暑い女性

マスクの中は、自身の呼吸によって高温多湿の状態になっています。すると肌表面の汗や皮脂の分泌が増え、これらを栄養源とする雑菌が繁殖してニキビができやすくなる可能性があります。

特にマスクで覆われるフェイスラインや口周り、あごなどはニキビができやすい部位のため、より影響を受けやすくなります。

着脱による乾燥

マスクの紐を伸ばす女性

マスク内がムレているなら、水分はたっぷりあるのでは?と思われがちですが、マスクを外すと内部の湿気が急激に蒸散し、かえって乾燥してしまいます。この際に肌内部の水分も奪われ肌の乾燥が悪化し、カサつきやごわつきを感じやすくなります。

肌とマスクの摩擦

肌を確かめる女性

日常的にマスクをつけているため、食事などでマスクを外したりマスクのズレを直したりすることありますよね。実はその度にマスクの繊維と肌がこすれて、肌荒れを招いているかもしれません。私たちの肌表面は角質というものに覆われ、外部の刺激から守ってくれています。しかし、マスクとの摩擦により少しずつ角質が削られて肌がデリケートな状態となり、赤みやかぶれなどの症状を引き起こしてしまいます。

マスクの繊維など素材による刺激

マスクの画像

肌がマスク素材に負けてしまい、赤みやかゆみが出るケースも考えられます。

特に不織布タイプのマスクは素材自体が固く、肌に当たった際に摩擦が起こり、肌へ刺激を与えている場合もあります。

また繰り返し洗える布マスクの場合、繊維に残った洗剤成分が刺激となる可能性もあるでしょう。

今後もマスク生活が続くため、ムレや乾燥、摩擦は避けられません。

そこで日々のスキンケアや対策が必要となります。

次の②対策でご紹介いたします。

『マスク生活による肌荒れについて~その②対策~』はこちら

参考文献

マスクで肌あれ・ニキビが急増中!? 原因や予防・対策法をチェック|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

マスクによる肌トラブル | チョコラドットコム

<知っておきたい>「肌荒れ」の正しい知識

執筆者・監修者プロフィール

Yosuke Fukuoka

薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。