使いすぎ注意!市販の点鼻薬で鼻詰まり?薬剤性鼻炎と成分について紹介

点鼻薬は使い過ぎない方がよいということを耳にしたことはありますか。点鼻薬に配合されている成分によっては薬剤性鼻炎を引き起こし、鼻症状を悪化させてしまう可能性があります。この記事では薬剤性鼻炎と成分について解説します。

薬剤師からのポイント

キーポイント

2週間を目安に使おう

市販薬のほとんどに長期間使用しないという注意書きが書かれているのをご存知でしょうか。成分毎に使用期間の目安は異なりますが、点鼻薬における使用期間の目安は2週間程度に設定されています。

決められた用法用量で使うように

すべての医薬品には用法用量が定められています。用法用量はそれぞれのお薬を効果的にかつ安全に使用するために定められています。定められた用法用量を守り適切に使用してください。

薬剤性鼻炎は治療が必要

薬剤性鼻炎は病院での治療が必要になることもあります。点鼻薬の成分によって引き起こされる薬剤性鼻炎では原因となる成分の使用を中止することが一番の解決策ですが、原因となる成分の使用を中止できない場合には対処療法が必要な場合があります。

点鼻薬の使いすぎによる副作用

点鼻薬の使いすぎは良くないということを耳にしたことはありますか。これは点鼻薬の使いすぎによって、薬剤性鼻炎という副作用が引き起こされる可能性があるためです。点鼻薬の添付文書には『長期連用しないこと』という文言が記載されています。では薬剤性鼻炎とはどのようなものなのでしょうか。

薬剤性鼻炎とは

薬剤性鼻炎とは薬剤の使用によって引き起こされる鼻閉 (鼻詰まり) で鼻漏 (鼻水)、後鼻漏、くしゃみを伴わないものを指します。なぜ薬剤性鼻炎が起こるのかについては完全には明らかになっていませんが、点鼻薬や降圧薬、経口避妊薬などの使用によって引き起こされることが報告されています。

特に点鼻薬は市販薬としても入手可能なため、繰り返しの使用や長期連用につながりやすく注意が必要です。

どの成分でも薬剤性鼻炎は起こる?

上で述べたとおり薬剤性鼻炎は特に点鼻薬の使用において注意が必要です。

点鼻薬の成分には、ステロイド成分、抗アレルギー成分、血管収縮成分などがあります。

すべての成分で薬剤性鼻炎が引き起こされるわけではなく、点鼻薬によって引き起こされる薬剤性鼻炎において特に注意が必要な成分は血管収縮成分です。市販の点鼻薬に使用される代表的な血管収縮成分に『ナファゾリン塩酸塩』があります。

成分ごとに正しい使い方をしよう

お薬によって用法用量は異なります。ステロイド成分は一定期間の使用で効果を発揮する成分である一方、抗アレルギー成分や血管収縮成分は一時的に効果を発揮する成分です。

下記にそれぞれの成分における代表的な市販薬の用法用量を記載しましたので参考にしてください。

ステロイド成分

商品名:フルナーゼ

効能:花粉による季節性アレルギーの次のような症状の緩和:鼻詰まり、鼻水、くしゃみ

注意事項:1年間に3ヵ月を超えて使用しないでください

用法用量:

年齢1回使用量1日使用回数
15歳から左右の鼻腔内にそれぞれ1噴霧づつ2回 (朝・夕)
14歳まで使用しないこと使用しないこと

抗アレルギー成分

商品名:ロートアルガードST鼻炎スプレー

効能:花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻みず(鼻汁過多)、鼻詰まり、くしゃみ、頭重(頭が重い)

注意事項:長期連用しないでください

用法用量:

年齢1回使用量1日使用回数
7歳から左右の鼻腔内にそれぞれ1噴霧づつ3-5 回 (3時間以上空ける)
6歳まで使用しないこと使用しないこと

血管収縮成分

商品名:ナザール

効能:アレルギー性鼻炎、急性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻詰まり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重

注意事項:長期連用しないでください

用法用量:

年齢1回使用量1日使用回数
7歳から左右の鼻腔内にそれぞれ1-2噴霧づつ1-6 回 (3時間以上空ける)
6歳まで使用しないこと使用しないこと

まとめ

今回は薬剤性鼻炎について詳しく解説しました。

点鼻薬だけでなく、お薬の用法用量を守って適切に使用することはとても大切です。

この記事がお薬の適正使用に貢献できれば幸いです。

 

こちらの記事も読まれています

市販のステロイド点鼻薬

点鼻薬ナザールの選び方

眠くなりにくい花粉症薬

参考資料
https://www.flunase.jp/content/dam/cf-consumer-healthcare/flixonase/ja_JP/Flunase-Leaflet_201910.pdf
https://jp.rohto.com/-/media/com/rohto-alguard/nose-spray-st/4987241129225.pdf?la=ja-jp&rev=b74c76374d974ea9821354b1ab33d168
https://search.sato-seiyaku.co.jp/pdf/nazals.pdf

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile
コンテンツディレクター/薬剤師

病院薬剤師として6年勤務。主にがん領域を経験。
現在は調剤薬局にて経営者かつ薬剤師として地域の健康サポートに取り組んでいます。
また、webライターとしてOTCやセルフメディケーションについて正しい医療情報を発信し、悩みを解消できる記事作成に励んでいます。

一緒にセルフメディケーションについて知識を増やしていきましょう。

Author profile
薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。

関連記事

  1. 「アセトアミノフェン錠HP」の特徴や価格について|効果や作用も再確認

  2. ロキソニンSクイックとは?製品やロキソニンシリーズとの違いについて

  3. 外用薬_instagram

    軟膏やクリーム、ローションの違いってなに?塗り薬の基剤について

  4. ステロイド外用剤「フルコートf」の成分や注意点について。顔に塗れる?

  5. 女性薬剤師ポイント_instagram

    花粉症におすすめの市販薬はどれ?眠くなりにくい4商品を紹介

  6. カロナールの市販薬は?『アセトアミノフェン』配合商品を紹介 – その②