ステロイド外用薬の塗る順番。保湿剤や化粧品、日焼け止めとの順番は?

女性ポートレート

『1日1~数回 適量を患部に塗布してください』

ステロイドの説明書を見るとこのような説明書きがありますが、それ以上の詳しいことは書かれていません。

「いつ塗るのがベストなの?」「朝使う場合、化粧する前と後ではどちらがいいの?」など困った経験ありませんか?

この記事では、ステロイド外用剤について

  • おすすめの塗るタイミング
  • 保湿剤、化粧、日焼け止めと一緒に使う場合の塗る順番

について紹介します。ステロイド外用剤の正しい使い方を覚えていきましょう。

ステロイド外用剤について

ステロイド外用剤とは、ステロイド(合成副腎皮質ホルモン)という薬効成分を配合した塗り薬です。湿疹や皮膚炎などの治療で用いられており、医療現場では欠かせない医薬品として子どもからお年寄りまで幅広く使われています。

医療用で使われるステロイド外用剤の種類は豊富で、市販薬としてもいくつか販売されています。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

そもそもステロイドとは?

ステロイドとは腎臓の上端にある「副腎」で作られる副腎皮質ホルモンのひとつです。下記の効果があり、かゆみや赤みなどの症状を改善します。

ステロイドの効果

  • 炎症を鎮める(抗炎症作用)
  • 赤みを鎮める(血管収縮作用)
  • 炎症をひき起こす細胞の増殖をおさえる(細胞増殖抑制作用)
  • 抗体の産生をおさえて免疫機能を低下させる(免疫抑制作用)

ステロイド外用剤を塗るタイミング

ステロイド外用剤を塗るときに困るのは

  • いつ塗ればいいのか
  • 保湿剤や化粧、日焼け止めを塗る順番はどうすればいいのか

ではないでしょうか?

それぞれ見ていきましょう。

※なお、病院から処方されているステロイド外用剤については、医師の指示にしたがって使用してください。

入浴後にステロイドを塗る

シャワー

ステロイド外用剤は入浴後の使用が望ましいです。『日本皮膚科学会ガイドラインアトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018』にも「入浴直後が望ましい」と記載されています。入浴後の清潔かつ皮膚が温かくなっているうちに患部に塗るようにしましょう。

1日2回塗る場合は1回は入浴後に塗り、もう1回は朝起きて塗るようにしましょう。

保湿剤を先に塗りステロイドは後から塗る

ステロイド外用剤

保湿剤とステロイド外用剤を塗る順番には、実は決まりはありません。『ステロイドを先に塗り、上から保湿すると保湿剤がフタの役割をしてくれる』『保湿剤を先に塗った方が、ステロイドが吸収しやすくなる』など、さまざまな考え方があります。

特にこだわりのない方は、先に保湿剤を塗り、上からステロイド外用剤を使う方法をおすすめします。ステロイド外用剤に比べて保湿剤の方が広い範囲に使うことが多いため、この順番の方が塗りやすく、ステロイドも患部にのみ塗ることができます。

先にステロイド外用剤を塗りたいという方は、上から保湿剤を塗るときにステロイド外用剤が広範囲に伸びないよう注意してください。

化粧の前にステロイド外用剤を塗る

化粧

朝にステロイド外用剤を使うときには化粧をする前に塗りましょう。ファンデーションなどで患部の皮膚が塞がれないようにするためです。

その際、化粧と一緒にステロイドが広がらないように気を付けてください。特に目や目の周りは注意が必要です。

日焼け止めの前にステロイド外用剤を塗る

海辺にいる女性

ステロイドを先に塗ってから日焼け止めを使うようにしましょう。理由は化粧と同じく、ステロイド成分の効果を軽減しないためです。

これらすべてを使用している方は、

保湿剤(化粧水)→ステロイド外用剤→日焼け止め→化粧の順番で使いましょう。

順番を覚えて快適に過ごしましょう

ポイント

ステロイド外用剤を塗るタイミングや塗る順番はあまり教わる機会がないと思います。この機会に、正しい塗り方を覚えてそれぞれが効果的な使用方法で続けられるようにしていきましょう。また、顔に使用しても良いステロイド外用剤と使用すべきでないステロイド外用剤があります。こちらの記事で紹介していますので併せてご覧になってください。

参考資料
アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018 
・併用OK? 重ねて塗る順番は? 知っておきたいステロイド外用薬と保湿剤の使い分け|田辺三菱製薬|ヒフノコトサイト 

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile
Nobuhiro Nagao

Nobuhiro Nagao

コンテンツディレクター/薬剤師

病院薬剤師として6年勤務。主にがん領域を経験。
現在は調剤薬局にて経営者かつ薬剤師として地域の健康サポートに取り組んでいます。
また、webライターとしてOTCやセルフメディケーションについて正しい医療情報を発信し、悩みを解消できる記事作成に励んでいます。

一緒にセルフメディケーションについて知識を増やしていきましょう。

Author profile

Ryo Omura

WEBプロデューサー / 薬剤師 / メディア責任者

医療編集プロダクションMEDW 代表
株式会社TENTIAL メディア責任者
理念
・誰にでもわかりやすい医療ヘルスケア情報を発信
・医療職の働き方にも自由度を。リモートワーク環境の構築
メディアから医療を変える「デジタルチーム医療」を中心に活動。
スマートなメディア制作を心がけております。

関連記事

  1. かゆみ止めに使えるキンカンの成分や特徴|意外と知られていない適応も

  2. アレグラFXジュニアの効果とその特徴について。

  3. 「シナールEX pro」の効果は?薬剤師が特徴や注意ポイントを紹介

  4. ロキソニンSに〇〇を配合したピンクの「ロキソニンSプラス」の効果とは?

  5. ロート製薬のメンソレータムヒビプロαの効果とは?成分や特徴を紹介

  6. 「イブクイック頭痛薬」の効果や成分について。「イブA錠」との違いは?