手のひび割れ・あかぎれに効く市販薬おすすめ3選!原因や対策も紹介

あかぎれを気にする主婦

ふとした瞬間に「痛っ!」料理や洗濯など家事の最中に手指がひび割れてしまうことはありませんか?今回は手のひび割れ・あかぎれに効く市販薬おすすめ3商品を紹介します。

ひび割れ・あかぎれとは

ひび割れとは皮膚の表面がカサカサと乾燥して、亀裂(ひび)が入った状態です。一般的には指先やかかと部分に症状が出ることが多いです。

あかぎれとはひび割れの状態がさらに悪化した状態です。亀裂(ひび)がひび割れよりもさらに皮膚の深くまで入ることで、亀裂部分は赤く腫れ、出血を伴うこともあります。

またひび割れ・あかぎれの際には、皮膚がガサガサに荒れたり、皮がポロポロとむけ落ちたり、皮膚のつっぱりを感じることもあります。

何が原因で起こるの?

乾燥

冬のひび割れ・あかぎれの原因の1つに皮膚の乾燥があります。は気温が低いため、乾燥から皮膚を守ってくれるはずの汗や皮脂が分泌されにくく、皮膚自体が乾燥しやすい状態です。また冬の空気の乾燥が刺激となり、皮膚の水分はさらに不足してしまいます。

このように皮膚の水分が不足した状態になると皮膚の柔軟性や弾性力が失われ、少しの指の曲げ伸ばしでも、皮膚がその力に対応できずに亀裂(ひび)が入ってしまいます。

水仕事

水を扱う機会が多い主婦や美容師、理容師、飲食関係など日頃の生活で水や洗剤を扱う機会が多い職業の方にひび割れ・あかぎれは多く見受けられます。

これは水を扱った後、手を濡れたままにしておくことで、水分が蒸発する時に皮膚内部の水分も一緒に蒸発してしまい、より皮膚が乾燥しやすくなるためです。

また洗浄力の高い洗剤必要以上に皮膚の皮脂を洗い流してしまうことで、皮膚内部の水分をとどめることができずに、皮膚を乾燥させてしまいます。これらの過度の乾燥によりひび割れ・あかぎれが起こりやすくなります。

加齢

ひび割れ・あかぎれの原因の1つに加齢による皮脂分泌量の低下があります。

皮脂は皮膚内部の水分の蒸発を防ぐ働きがあり、年齢とともに皮脂分泌量が低下することで、皮膚が乾燥しやすくなり、ひび割れ・あかぎれが起こりやすくなります。

市販薬の使用は手のひび割れ・あかぎれ対策のひとつ!

手や指のひび割れ・あかぎれは市販薬で対処することができます。今回紹介する商品はすべてひび割れやあかぎれに対して効果がありますが、気になる症状や普段の生活スタイルから薬を選び分けることができます。

こんな症状には注意!

ひびの痛みが強い、ひび周囲が腫れる、あかぎれがどんどん広がるなどの症状がある時は、症状が重度の可能性があるので、皮膚科医に相談してみてください。

ひび割れ・あかぎれに効果がある市販薬 おすすめ3選

メンタームHAαクリーム(近江兄弟社)

メンタームHAαクリームは手のひび割れ・あかぎれに効果的な有効成分を7成分配合しています。パンテノールがひび割れた皮膚の修復を促進し、グリチルレチン酸が抗炎症作用により手指の赤みや荒れを抑えます。

さらにかゆみ止め成分のジフェンヒドラミンも配合しています。3商品の中で有効成分が7成分と一番多く配合しています。

メンタームHAαクリームの詳細はこちらにて解説しております。

ここがポイント

クリームの添加物にワセリンを使用しているので、水に強いです。そのため、家事や仕事などで水を扱う機会が多い人におすすめです。また抗炎症成分のグリチルレチン酸も配合されているので、ひび割れ・あかぎれ部位に赤みがある人にもおすすめです。

ヒビプロα(ロート製薬)

ヒビプロαは手のひび割れ・あかぎれに効果的な有効成分を6成分配合しています。こちらはアラントインがひび割れた皮膚の修復を促進し、グリチルレチン酸が抗炎症作用により手指の赤みや荒れを抑えます。さらにかゆみ止め成分のジフェンヒドラミンも配合しています。

ヒビプロ αの詳細はこちらにて解説しております。

ここがポイント

ヒビプロαは軟膏タイプですが、メンタームHAαクリームと同じく添加物にワセリンを使用しているので、水に強いです。そのため、食器洗いや洗濯などの水仕事が多い人におすすめです。

また抗炎症成分のグリチルレチン酸も配合されているので、ひび割れ・あかぎれ部位に赤みがある人にもおすすめです。

ヒビケア(池田模範堂)

ヒビケアはひび割れ・あかぎれ商品の中で1番知名度の高い商品です。手のひび割れ・あかぎれに効果的な有効成分を5成分配合しています。アラントインがひび割れた皮膚の修復を促進し、ジフェンヒドラミンが手指のかゆみを抑えます。メンタームHAαクリームやヒビプロαと大きく異なるのは抗炎症成分のグリチルレチン酸を配合していません。そのため、赤みや腫れなどの炎症に対してのケアができないため注意しましょう。

ヒビケア軟膏αの詳細はこちらにて解説しております。

ここがポイント

ヒビケアは有効成分にグリセリンを使用しているので、手指の皮膚にうるおいを与えることができます。手指の乾燥がひどい人や使用感をしっとりさせたい人におすすめです。

薬剤師からのポイント

ガサガサになる前に保湿対策を!

ひび割れ・あかぎれが起こった場合にはまず薬で治療をすることが大切です。しかし、もっと大切なのは症状が起こらないよう普段からの保湿対策です。

こまめな保湿ケアがお肌を乾燥から守り、ひびわれ・あかぎれしにくい肌を保つことに繋がります。コンパクトなハンドクリームをバックに忍ばせたり、台所用の保湿クリームを用意したりと「こまめに保湿ケアをできる環境」を作ってみるのも大切です。

そもそもどんな保湿クリームを選べばいいの?と感じられている方も多いと思いますので、そんな方は下記の「保湿クリームの正しい選び方」についての記事も参考にして頂ければと思います。

保湿クリームの正しい選び方はこちら

今すぐにできる予防方法

寝る前に綿手袋をつけましょう!

就寝時は無意識に手を動かしたり、かゆみがある人は手をかいてしまいます。そうすると手は摩擦やかきむしるなどの刺激によってさらに乾燥や症状の悪化を招いてしまいます。その為、寝る前には保湿ケアと綿手袋をつけてしっかりと手を休めてあげましょう。

水仕事の時にはゴム手袋をつけましょう!

水仕事の際はお湯や洗剤が刺激になってひび割れ・あかぎれの症状が起こりやすいです。またひび割れ・あかぎれの状態では症状が治りにくいため、水仕事をする時には必ずゴム手袋をして、手を守りましょう。

さいごに

今回は手のひび割れ・あかぎれに効く市販薬をご紹介しました。症状がある時はまずは薬でしっかり治療することが大切です。しかし実際にドラッグストアでお客様とお話して一番大事だと感じたのは日頃のハンドケアでした。

こまめにハンドクリームをつけることや就寝時には綿手袋、水仕事ではゴム手袋をすることでひび割れ・あかぎれが早く治り、症状も起こりにくくなったと多くのお客様が実感してくださいました。

仕事や家事でお忙しいと思いますがほんの一手間を大切にして頂ければと思います。各商品の詳細が知りたい方は下記の商品ページもご参考ください。

参考資料
バンドエイド/ひびわれ・あかぎれ 
ひび・あかぎれの原因・仕組みを解説/ロート製薬/商品情報 
ひび・あかぎれ・しもやけの原因 症状・疾患ナビ/タケダ健康サイト 
・HAαクリーム/近江兄弟社/製品情報
https://www.omibh.co.jp/products/medical/ha-alpha.html
メンソレータム ヒビプロα/ロート製薬/商品情報サイト 
パックリ割れるひび・あかぎれに ヒビケア軟膏α 池田模範堂 

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile

Yosuke Fukuoka

薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。

関連記事

  1. ハイチオールCホワイティアのシミ・そばかす効果や副作用とは|薬剤師

  2. ロキソニンSの成分と特徴とは。症状に合った「Sシリーズ」を選ぼう

  3. デリケート部分に使える「デリケアエムズ」の特徴と効果について解説

  4. ロラタジンの成分について

  5. カロナールの市販薬は?「アセトアミノフェン」配合商品を紹介 – その②

  6. 喉の痛み_instagram

    のどの痛みにはトラネキサム酸が効果的|おすすめの市販薬とは