【薬剤師解説】市販薬「アレグラFX」の効果と注意点とは?

アレグラFX

いよいよ花粉シーズンの到来ですね。花粉症の方には辛い季節です。辛いけど病院に行く暇がなく薬が手に入らないという悩みはありませんか?最近では病院で処方される同じ成分の薬が、市販でも入手できるようになりました。今回はその中の一つ「アレグラFX」について紹介していきます。

アレグラFXとは

アレグラFX

アレグラFXとは鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎症状に効果のあるアレルギー専用鼻炎薬です。病院でもらわなくても、近くの薬局やドラッグストア、インターネットで購入することが可能です。アレグラは製品の名前であり、効果を示す成分は「フェキソフェナジン」といいます。

医療用医薬品と同じ成分を使用している

アレグラは有効性や安全性が認められ、医療用医薬品として販売されていました。そして、これまでの実績やある程度認められた安全性から2012年に市販薬としても販売されるようになり、医療機関への受診する必要がなくなりました。

アレグラFXの効能・効果について

アレグラFXは花粉やハウスダストなどによる鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの鼻のアレルギー症状を緩和する作用があります。

ただし、医療用医薬品のアレグラとは違い蕁麻疹や皮膚疾患への適応がないため、記載の無い目的での使用は控えるようにしてください。

アレグラFXはどのような作用?

アレルギー症状の原因物質であるヒスタミンの作用を抑制する「抗ヒスタミン作用」のほか、ヒスタミンの放出を抑制する「抗アレルギー作用」によって、効果的にアレルギー症状を緩和します。

眠くなりにくい

ガッツポーズするビジネスウーマン

抗ヒスタミン薬の副作用として有名な眠気は、抗ヒスタミン薬が脳内へ入ることで起こります。アレグラFXは鼻の症状にしっかり効き脳内へ入りにくい薬になっているため、眠気が現れにくい特徴です。

抗ヒスタミン薬には「車の運転など注意する」などの注意書きがありますが、その記載がないのは別商品のクラリチンとこのアレグラです。

1日2回の服用で空腹時でも飲める

アレグラFXは1日2回、朝夕の服用で24時間しっかり効果を発揮する薬となっています。また、空腹時でも服用できるため症状が現れるもしくは症状がひどくなりそうな時に、時間を気にせず服用できます。

このような症状の方におすすめ

上記の特徴からこのような症状の方におすすめします。

  • 鼻水やくしゃみなど鼻の症状に困っている方
  • これまで抗ヒスタミン薬の眠気で悩んでいた方
  • 車の運転や機械の操縦、高所など危険な作業をする場面の多い方

また、眠気だけでなく知らず知らずのうちに集中力や判断力、作業能率が低下するインペアード・パフォーマンスという症状も、アレグラFXの場合引き起こしにくいです。仕事や勉強など集中力が必要な方にもおすすめです。

使用する際の注意点

使用する際の注意点はいくつかありますので、以下にまとめました。

  1. フェキソフェナジンの成分によって過去に薬剤アレルギーを起こしたことがある方は服用しないようにしてください
  2. 15歳未満の方の服用は控えてください。15歳未満の方は7歳から14歳まで服用可能な「アレグラFXジュニア」があります。ただし、アレグラFXジュニアは要指導医薬品に分類されるため、薬剤師による販売になります(2020年2月11日現在)
  3. 他のアレルギー薬や抗ヒスタミン剤を含む薬、水酸化アルミニウム•水酸化マグネシウムを含む制酸剤、エリスロシンを服用している方は、使用しないでください。
  4. 服用前後の飲酒は禁止です。
  5. 1週間服用しても症状が改善しない場合は医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他、服用中に変わったことがありましたら、速やかに医師または薬剤師相談するようにしてください。

まとめ

アレグラFXは1日2回の服用で24時間効果を示す薬です。抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用で効果を発揮します。また眠気等の副作用も少なく、仕事や学校がある方でも安心して服用できるためおすすめです。

これから花粉症のシーズンがやってきます。正しく薬を飲んでシーズンを乗り切りましょう。

同じ成分のアレルビの方が安くオススメ

参考資料
久光製薬株式会社:アレグラFXホームページ

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile

Ryo Omura

WEBプロデューサー / 薬剤師 / メディア責任者

医療編集プロダクションMEDW 代表
株式会社TENTIAL メディア責任者
理念
・誰にでもわかりやすい医療ヘルスケア情報を発信
・医療職の働き方にも自由度を。リモートワーク環境の構築
メディアから医療を変える「デジタルチーム医療」を中心に活動。
スマートなメディア制作を心がけております。

関連記事

  1. ロキソニンSの成分と特徴とは。症状に合った「Sシリーズ」を選ぼう

  2. 薬袋_instagram

    「医療用医薬品」とは?市販薬との違いや適正使用に努めましょう

  3. かゆみ止めに使えるキンカンの成分や特徴|意外と知られていない適応も

  4. 医師ストップ_instagram

    服用している市販薬の名前覚えていますか?必ず実践して欲しい重要なこと

  5. 非ステロイド剤「トレンタムGクリーム」の成分と注意点について解説

  6. 腰痛に湿布を使うなら。湿布の選び方や注意点を薬剤師が紹介