ハイチオールCホワイティアのシミ・そばかす効果や副作用とは|薬剤師

日差しが強い時期になってきました。みなさん、紫外線対策はしていますか?夏の紫外線量が多いのはもちろん、実はすでに春先からピークを迎えています。

また、3月~5月は乾燥もプラスし、肌へのダメージを受けやすい時期でもあります。秋は春先~夏場の強い紫外線からのダメージを受け、肌の疲れが出やすい時期。そして、冬も紫外線はゼロになるということはなく、一年中紫外線対策を怠ることはできません。

今回は、特にシミへの効果が認められている「ハイチオールCホワイティア」について紹介します。

「ハイチオールCホワイティア」の特徴

ハイチオールCホワイティアの最大の特徴は、皮膚の新陳代謝に重要な役割を持つ『パントテン酸カルシウム』がハイチオールCシリーズの中で最大量配合されていることでしょう。(2021年7月現在)

シミの原因「黒色メラニン」の生成を抑える

ハイチオールCホワイティアは、特にシミへの治療効果が認められているOTC医薬品です。シミの原因は、メラニンという黒色色素(黒色メラニン)。

紫外線やストレスなどの刺激によって、肌の角化細胞(ケラチノサイト)からメラニン生成の命令が下り、色素細胞(メラノサイト)内の酵素が活性化することによってメラニンが生成されます。

主な有効成分L-システインは、そのメラニン生成の命令自体を抑制し、酵素の活性化および過剰なメラニン生成を抑え込むことで、シミができるのを防ぎます。また、メラノサイト内では、L-システインとビタミンCが協力し合い、酵素の活性を阻害し、黒色メラニンの生成を抑えます。

パントテン酸カルシウム量が最大

肌代謝を正常化し、健やかな肌に生まれ変わらせてくれる効果があるパントテン酸カルシウム。ハイチオールCホワイティアには、パントテン酸カルシウムが1日量(4錠)あたり30mg配合されています。エスエス製薬から発売されているハイチオールCシリーズにおいて、パントテン酸カルシウム量としては最高量です。(2021年7月現在)

 【参考】ハイチオールCプラス2、ハイチオールCプラス(プラス2にリニューアル)、
     ハイチオールCプルミエール:いずれもパントテン酸カルシウム成人一日量は24mg

二日酔いやだるさ、疲れにも

翌日、頭痛や吐き気が起こるほど飲んでしまった……なんて日も、時にはありますよね。シミ・そばかすへの効果で有名なハイチオールCシリーズは、二日酔いにも効果があります。

二日酔いの原因物質は、アルコールが代謝されて生成される『アセトアルデヒド』。L-システインは、アセトアルデヒドを直接無毒化したり、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きをサポートすることで、二日酔いの症状の改善にも効果があります。

また、だるさや疲れが溜まると、肌のハリがなくなり、顔色もくすみがち。メイクのりも悪くなった経験はありませんか?

ストレスや睡眠不足などが原因で、細胞がダメージを受け、代謝が滞りエネルギーが少なくなるため、だるさや疲れを感じてしまいます。L-システインは食事などから摂った栄養素をエネルギーに変える代謝を助け、エネルギー産生をスムーズにすることで、体の内側からだるさや疲れに効果を発揮します。

「ハイチオールCホワイティア」の成分

ハイチオールCホワイティアの有効成分は、3種類あります。シミに効果的にアプローチするために、3成分がバランスよく配合されている製剤になっています。

成分成人一日量(4錠)中
L-システイン240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)500mg
パントテン酸カルシウム30mg

L-システイン

L-システインは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在し、代謝を助けるアミノ酸の一つです。

  • シミ・そばかすの原因となる過剰な黒色メラニンの抑制
  • ターンオーバー(肌代謝)を正常化
  • 角質に沈着したメラニンの排出をサポート

といった働きがあります。

アスコルビン酸(ビタミンC)

「美肌成分」「美白成分」と呼ばれ、肌にいいと有名なビタミンCですが、

  •  L-システインと協力して、シミ・そばかすの原因となる過剰な黒色メラニンの抑制
  •  ビタミンCの強力な抗酸化作用により、色が濃くなった黒色メラニンを還元し、薄くする(無色化する)効果

パントテン酸カルシウム

パントテン酸は以前はビタミンB5といわれ、水溶性ビタミンのビタミンB群の一つです。

  • エネルギー代謝を助ける
  • 糖質やタンパク質の代謝を助ける
  • 皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、肌の状態を正常化する

「ハイチオールCホワイティア」の製品紹介

ハイチオールCホワイティアは、第3類医薬品です。カテゴリとしては、L-システイン(アミノ酸)製剤に分類されています。

特徴の一つに挙げたシリーズ最大量のパントテン酸カルシウムが配合されているハイチオールCホワイティアは、エスエス製薬では『ハイチオールCの最高峰』と位置づけ、「一点のシミも残したくない」「輝き続けたいあなたに」試していただきたい医薬品です。

また、1日2回朝晩の服用のため、継続しやすい製剤です。

効能効果

ハイチオールCホワイティアの効能・効果は以下のようになっています。

  • しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
  • 全身倦怠(だるさ)
  • 二日酔
  • にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

用法用量

1日2回、水又はぬるま湯で服用してください。

年齢

1回量

成人(15才から)

2錠

小児(7才から14才まで

1錠 ※保護者の指導監督の下で

6才まで

服用できません

注意情報

服用後、次の症状が現れた場合、副作用の可能性が考えられます。すぐに服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

  •  皮膚症状(発疹)
  •  消化器症状(吐き気、嘔吐、腹痛)

食前・食後に関係なく服用できますが、L-システインやビタミンCにより胃が刺激され、吐き気や腹痛が起きる可能性があります。空腹時は避けて、特に胃が弱い方や初めて服用される方は、食後すぐに服用することをおススメします。

服用後、次の症状が現れることがありますが、症状の持続や悪化があった場合には、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

  •  下痢

また、しばらく服用しても症状の改善が見られない場合は、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。シミやそばかす以外の原因の可能性や、シミの中でも治療が難しいとされる肝斑が原因も考えられます。肝斑の場合、OTC医薬品のトランシーノⅡが功を奏することも多いです。

 尿検査や便検査でビタミンCが影響することも

ハイチオールCホワイティアに含まれるビタミンC(アスコルビン酸)は、水溶性ビタミンのため、過剰摂取してしまっても、尿として体から排出されます。

しかし、尿検査では尿中のビタミンCが影響し、一部の検査項目(ブドウ糖やビリルビンなど)で本来とは異なる結果が出てしまう可能性があります。

また、便検査も同様です。健康診断や尿検査、検便の予定があれば、念のため検査の3日前より服用を中止しましょう。また、ハイチオールCホワイティアを服用して、尿検査や便検査を受けた場合は、医師に必ず伝えてください。

服用量は守ること

L-システイン、ビタミンC、パントテン酸カルシウムのいずれも、必要量以上に摂った場合、尿として体外に排出されるため、身体に害が出るということは起こりづらいでしょう。

「うっかり飲む量を間違えてしまった!」としても、過度に心配する必要はありませんが、もし何か思わしくない症状が出た場合には、すぐに医師、薬剤師又は登録販売者に相談しましょう。

しかし、裏を返せば、「早くシミ・そばかすを治したい!」と用量以上に飲んだからといって、シミの改善が早まるわけではありません。余分に服用したほとんどが尿として体外に出てしまうため、意味がないということです。

また、多く摂取したために吐き気・嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状が現れる可能性が懸念されます。用法用量は、きちんと守りましょう。

 他のハイチオールCシリーズとの違い 

ハイチオールCホワイティアとハイチオールCプラス2の二つで比べてみましょう。

商品名用法1回服用量
ハイチオールCホワイティア1日2回2錠
ハイチオールCプラス21日3回2錠

L-システイン、ビタミンCの一日服用量はいずれも同じ量です。
一方、パントテン酸カルシウムのみ、異なります。

ハイチオールCホワイティア   30mg ★6mg多く含有
ハイチオールCプラス2    24mg

どちらにしようか迷ったときの選ぶポイントにしてください。

  •  本気でシミ・そばかすを治したい 。 → ハイチオールCホワイティア
  •  シミ・そばかすが気になる、日頃だるさや疲れを感じている。 ハイチオールCプラス2

いずれにしても、シミに対しての服用期間の目安は、約3ヵ月です。

 (注意:症状や服用する方の体質、体調などにより、多少前後することがあります。)3ヵ月間はきちんと継続して服用することが重要なので、お昼の服用が難しい方などは、1日2回タイプの「ハイチオールCホワイティア」をおすすめします。

薬剤師からのポイント

きちんと服用していると、ご自身で以下のようなサインを感じてくると思います。
※効果には個人差があります。

  • お肌の調子がよくなってきます
  • お肌のトーンが明るくなってきます
  • シミ・そばかすの色味がだんだんと薄くなってきます

多くのシミが、茶色や黒みがかった色ではないでしょうか?この場合、皮膚の比較的浅いところに黒色メラニンが存在していることが原因です。

ターンオーバー(肌が新しく生まれ変わること)は、約42日といわれており、乱れてしまったターンオーバーを正常化し、黒色メラニンが排出すれば、シミの色はだんだんと薄くなったり、消えることが期待できます。

欠かさず紫外線対策を

シミの原因の80%が紫外線によるものといわれています。 紫外線をできる限り浴びないよう、外出時には夏以外でも日焼け止めクリームを塗ったり、UVケア化粧品などを活用しましょう。

特に夏場は汗により、すぐに取れてしまうため、こまめに塗りなおしてください。外出時も日焼け止めクリームの携帯を忘れずに。また、日傘や帽子、サングラス、アームカバー、薄手のストールなどもおススメです。

色素沈着に関してこちらの記事にて解説しております。

食事や運動など生活習慣も気をつけましょう

ターンオーバーの乱れを正すことが重要です。ターンオーバーを正常に保つためには、「食事」「運動」「睡眠」の3つに気を付けて、日頃の生活習慣を規則正しくすることが重要です。

 バランスのよい食事

シミに効く主な栄養素として、下記の4つが挙げられます。これら4つの栄養素にはすべて、抗酸化作用があるため、シミの原因物質(黒色メラニン)に働き、シミの色を徐々に薄くします。

栄養素 多く含まれる代表的な食品
ビタミンC果物(柑橘類、いちご)、野菜類、いも類(じゃがいも)
β-カロテン(ビタミンA)緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、カボチャ)、果物(柑橘類、スイカ)
ビタミンE アーモンド、植物油、魚介類(うなぎ、たらこ)、アボカド 
L-システイン肉類(特にレバー)、魚類、ブロッコリー、大豆、鶏卵

また、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェイン飲料の摂りすぎは、シミの悪化につながることもあるため、控えめにするよう注意しましょう。

以下の記事もご参照ください。

適度な運動

適度な運動、特にウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、ストレス発散しいては心身の健康につながり、肌のターンオーバーの促進、肌のバリア機能の向上の効果があります。

また、運動により発汗することで、毛穴に詰まった余分な皮脂の排出を促します。まだコロナ禍で難しい部分もありますが、無理のない範囲で、適度な運動も取り入れましょう。    

 質のよい睡眠

わたしたちの心身の健康をつかさどっている自律神経は、交感神経と副交感神経がうまくバランスをとることで成り立っています。十分な睡眠は、リラックス状態を作る副交感神経が優位になります。

寝る直前までスマホやテレビを見たりせず、体も心もリラックスした状態で睡眠をとれば、肌も健やかになり、寝起きも良くなるでしょう。

まとめ

シミに特化したハイチオールCホワイティアについて、詳しく解説しました。何度も申し上げたように、乱れてしまった肌のターンオーバーを正すことがシミの改善には肝になります。ぜひ3ヵ月継続してみてください。

ただし、生活習慣が乱れたままだと、いくらハイチオールCホワイティアを服用しても改善しません。生活習慣の見直しも行い、現在の食事・運動・睡眠の状態を振り返ってみましょう。

参考資料
ハイチオールCの最高峰。ハイチオールCホワイティア|ハイチオール【エスエス製薬】
・ハイチオールCホワイティア 
・シミ・そばかす|症状・疾患を知ろう|エスエス製薬 
Lシステインの効果と副作用や飲み方と摂取量!白髪にも効く? | メディカルアンサー L-システイン|薬の成分ディクショナリー|エスエス製薬
ビタミンC | ビタミン | 栄養成分百科 | グリコ
β-カロテン当量脂質 | ビタミン | 栄養成分百科 | グリコ
ビタミンE | ビタミン | 栄養成分百科 | グリコ
アミノ酸の種類と機能|アミノ酸ナビ|研究開発|協和発酵バイオ株式会社

執筆者 / ファクトチェック / 監修者

Author profile
Yuki Ohkoshi

Yuki Ohkoshi

薬剤師

調剤併設ドラッグストアや調剤薬局にて15年以上保険薬剤師として勤務。患者様の心に寄り添う投薬を心掛けています。
また、医療・薬や育児に関する記事を中心に執筆しています。恐竜大好きわんぱく男の子を育てる未婚のシングルマザーで育児奮闘中。

Author profile

Yosuke Fukuoka

薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。

Author profile

Ryo Omura

WEBプロデューサー / 薬剤師 / メディア責任者

医療編集プロダクションMEDW 代表
株式会社TENTIAL メディア責任者
理念
・誰にでもわかりやすい医療ヘルスケア情報を発信
・医療職の働き方にも自由度を。リモートワーク環境の構築
メディアから医療を変える「デジタルチーム医療」を中心に活動。
スマートなメディア制作を心がけております。

関連記事

  1. プロペトとは?ワセリンとの違いや市販薬の使用法など薬剤師が解説

  2. 市販薬の「リンデロンVs」は医療用成分を同量配合。その特徴や効果とは?

  3. 子どもから成人まで使用できる「バファリンルナJ」とは。服用方法や年齢について解説

  4. スマホやテレワークによる肩こりには「アリナミンEXプラス」がおすすめ

  5. メンタームHAαクリームの効果や使い方とは?成分や特徴を紹介

  6. 唇を触る女性_instagram

    唇の荒れを治す「リップクリーム市販薬」のおすすめ3選。何の成分に注目?