ヒルマイルドとヘパソフトの違いとは|剤形や分類、濃度を知り乾燥肌を改善しよう

乾燥しやすい冬の季節は入念に保湿ケアを行っている方が多いと思います。しかし、保湿作用のあるヘパリン類似物質を含む商品は複数あり、どれを購入するべきか悩んだことはありませんか?今回は、ヘパリン類似物質を有効成分とするヒルマイルドとヘパソフトについて説明し、両者の違いを解説します。

ヒルマイルドとヘパソフトについて

ヒルマイルド

ヒルマイルドは健栄製薬株式会社が製造販売している乾燥肌治療薬で、有効成分にヘパリン類似物質が配合されています。また、ヒルマイルドには伸びが良くしっとりとしたクリームタイプとさらっとした使用感のローションタイプがあります。

ヒルマイルドに関する製品の解説をこちらに掲載しております。

ヘパソフト

ヘパソフトシリーズはロート製薬株式会社が製造販売しており、ヘパソフト薬用保湿ローションヘパソフトプラスがあります。

ヘパソフト薬用保湿ローションはヘパリン類似物質・グリチルリチン酸ジカリウム・アラントインを有効成分とする医薬部外品の薬用ローションです。

ヘパソフトプラスはヘパリン類似物質・パンテノール・ジフェンヒドラミン・クロタミトンを有効成分とするクリームタイプの乾燥性皮膚治療薬です。第2類医薬品に該当します。

医療用医薬品にはヒルドイドがある

ヒルマイルドやヘパソフトと同様にヘパリン類似物質を有効成分とする製品としてヒルドイドがありますが、ヒルドイドは原則として医師が発行した処方箋が必要な医療用医薬品です。

一方、ヒルマイルドとヘパソフトはいずれも薬局やドラッグストアなどで購入できる商品であり、医療用と同じ有効成分配合商品を手に入れることが可能です。

有効成分のヘパリン類似物質とは

ヒルマイルドやヘパソフトプラスに配合されているヘパリン類似物質は多糖類の一種です。保湿作用・血行促進作用・抗炎症作用を有するヘパリン類似物質を皮膚に塗ることで乾燥や肌荒れを防ぎます。

ヒルマイルドとヘパソフトの違い

有効成分

ヒルマイルド

ヒルマイルドには有効成分としてヘパリン類似物質が0.3%含まれています。

ヘパソフト薬用保湿ローション

ヘパソフト薬用保湿ローションには有効成分としてヘパリン類似物質のほかに、抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムとアラントインが含まれています。

ヘパソフトプラス

ヘパソフトプラスにはヘパリン類似物質(0.3%)に加え、パンテノール(1.0%)・ジフェンヒドラミン(1.0%)・クロタミトン(5.0%)が有効成分として配合されています。水溶性ビタミンの一種であるパンテノールは乾燥肌を修復する働きがあります。ジフェンヒドラミンはかゆみの原因物質であるヒスタミンの働きをブロックし、クロタミトンは温感神経に作用することで、いずれもかゆみを鎮めます。

またヒルマイルドとヘパソフトプラスに含まれているヘパリン類似物質の濃度は、医療用医薬品であるヒルドイドと同じです。

効能効果

ヒルマイルド

乾燥肌治療薬であるヒルマイルドは手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛に対して効果があります。

ヘパソフト薬用保湿ローション

ヘパソフト薬用保湿ローションは、肌にうるおいを与えてすこやかに保ち、日頃から使う事で乾燥や肌荒れを防ぎます。しかもたっぷりのうるおいで、乾燥による小じわ(効能評価試験済)も目立ちにくくくします。

ヘパソフトプラス

クリームタイプの乾燥性皮膚治療薬であるヘパソフトプラスはかゆみを伴う乾燥性皮ふ(老人・成人の乾皮症、小児の乾燥性皮ふ)に対して使用できます。

医薬品の分類

ヒルマイルドとヘパソフトプラスは第2類医薬品に分類される一般用医薬品です。一方、ヘパソフト薬用保湿ローションは医薬部外品に分類されています。

 ※2020.12.24 時点

価格

ヒルマイルドのメーカー希望小売価格は1,550円/60gです(2020年6月時点)。ヘパソフトプラスのメーカー希望小売価格は1,100円/50gと1,600円/85gです(2020年12月時点)。ヘパソフト薬用保湿ローションは50gと100gのいずれもオープン価格となっています(2020年12月時点)。

どんな人におすすめ?

ヒルマイルド

ヒルマイルドは保湿効果だけでなく、抗炎症作用や血行促進作用もあります。したがって、肌の乾燥以外にも、赤み・ヒリヒリ感・冷えがある方に適しています。ヒルマイルドについて詳しく知りたい方は下記の商品ページをご参考ください。

ヘパソフトプラス

乾燥性皮膚治療のヘパソフトプラスにはヘパリン類似物質のほかにかゆみを鎮める効果があるジフェンヒドラミンとクロタミトンが配合されています。そのため、乾燥だけでなく、かきむしりたくなるほどのかゆみがある方に対して効果が期待できます。

ヘパソフト薬用保湿ローション

薬用ローションであるヘパソフトは洗顔後、化粧水+美容液+乳液を兼ねたオールインワンのような使い方から、乳液代わり、乳液の前、特に乾燥が気になる部分のみなどの使い方をしていただけます。

薬剤師からのポイント

顔面のきず・やけどの痕には使えない

ヒルマイルドとヘパソフトプラスは顔に塗ることができますが、目や目の周囲、粘膜部分やきず、やけどのあとには使用しないでください。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗いましょう。

クリームとローションは使用感で

流動パラフィンやワセリンなどの油性成分を基剤とするクリームタイプはしっとりとした使用感が期待できます。また、微細化したワセリンをベースとした乳液ローションタイプはしっとりとしつつもべたつかない顔への使用にぴったりのローションです。

さいごに

乾燥肌に使用できるヘパリン類似物質を含む市販薬はいくつかありますが、それぞれの商品に特徴があります。同じ有効成分を含む商品でも、乾燥だけなのか、赤みがあるのか、かゆみがひどいのか、クリームとローションのどちらが良いかなどご自身の症状や使いやすさによって使い分けてみてはいかがでしょうか。

ヘパソフトプラスに関するQ&A

Q.何歳から使用できますか?

A.ヘパソフトプラスは1歳からを目安に使用できます。

※メーカー確認済(2020/12)

Q.使用できない部位はありますか?

A.目や目の周囲、粘膜部分やきず、やけどのあとには使用しないでください。

Q.妊娠中・授乳中でも使用できますか?

A.ヘパソフトプラスは妊娠中・授乳中でも使用できます。

※メーカー確認済(2020/12)

Q.1日何回塗ればいいの?

A.ヘパソフトプラスは1日1~数回、適量を患部に塗布してください。

Q.ステロイドは入っていますか?

A.ヘパソフトプラスにステロイドは含まれていません。

Q.薬剤師や登録販売者による販売が必要?

A.ヘパソフトプラスは第2類医薬品※のため、薬剤師が不在でも登録販売者から購入できます。

※2020.12.20現在

Q.ECサイトなどネットで購入することはできる?

A.通販サイトなどで購入できます。

参考文献

乾燥肌治療ヒルマイルド|健栄製薬 (kenei-pharm.com)

ヘパソフト | ロート製薬: 商品情報サイト (rohto.com)

執筆者・監修者プロフィール

Yosuke Fukuoka

薬剤師

【薬剤師】ドラッグストア薬剤師を4年間経験。その後、本社教育部門にて市販薬セミナーの講師を務める。広告やパッケージに惑わされないお薬選びのコツを「わかりやすく」伝えられるよう、日々の執筆を行っています。